Articles

ニア(ディスカバリー2,靴屋)

NEAR

NEAR(地球近傍小惑星ランデブー)は、地球近傍小惑星(433エロス)の周りでランデブーとオルビットを行うミッションである。 エロスへの巡航では、小惑星253マチルドによって1997年6月27日に飛行し、1998年1月23日に地球によって飛行した。 1999年1月にエロスの軌道への挿入に失敗した後、2000年2月14日に2回目の試行で小惑星の周りの軌道に最終的に挿入された。 当初は323km×370kmの軌道で、観測中に高度を下げた。 軌道に到達した後、NEARはnear-Shoemakerに改名されました。

その1年間の任務を完了した後、NEAR Shoemakerは2001年2月12日に2つの太陽電池パネルの先端とその下端に穏やかに着陸した。 宇宙船は降下の最後の5kmの間に69の詳細な写真をスナップし、これまでに得られた小惑星の最高解像度の画像であり、横断する1センチメートルほどの小さな特徴を示した。 ゆっくりとしたタッチダウンスピードは宇宙船を無傷で残し、まだ地球に信号を送っていた。 NASAは28日、当初の予定よりも10倍以上のデータを収集していた宇宙船から”ボーナスサイエンス”を得るためにミッションを延長することを決定した。 これにより、ガンマ線分光計は、表面から約10cmの理想的な見晴らしの良い場所からデータを収集することができました。

主な科学的目標は小惑星の測定であった。:

  • バルク特性(サイズ、形状、体積、質量、重力場、およびスピン状態);
  • 表面特性(元素および鉱物組成、地質学、形態、およびテクスチャ);
  • 内部特性(質量分布と磁場)。

科学機器:

  • マルチスペクトルイメージャ(MSI)-小惑星の全体的なサイズ、形状、およびスピン特性を決定し、表面の形態と組成をマッピングし、エロスの衛星を検索する受動的に冷却されたSi CCDアレイ(244×537)を備えた屈折望遠鏡。2.25×2.9deg FOV、高度100kmからの10-16メートルの解像度、400〜1100nmの間で敏感です。
  • x線/ガンマ線分光計(XGRS)-2つのセンサー(蛍光x線分光計とガンマ線分光計)を含むxgrsは、小惑星の表面/表面近傍の元素組成を決定するために使用されます。
  • 近赤外分光器(NIS)-800-2700nmをカバーする分光計、NISはエロスの鉱物組成をマッピングするように設計されています。 磁力計-エロスの磁場を測定するために使用される三軸フラックスゲートセンサー。 これらの測定は、小惑星の内部組成を決定するのに役立ちます。
  • NEAR Laser Rangefinder(NLR)-固体パルスレーザーを使用して宇宙船と小惑星の表面との間の距離を測定する高度計。 これは、小惑星の形状と詳細な表面構造の正確な測定を行います作るために使用されます。 1.064mmの波長、6メートルの決断、50のkmの範囲で作動するNd-YAGレーザー。
  • 無線科学-衛星のテレメトリシステムを使用してエロスの重力場をマッピングする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。