Articles

写真:24カ国から16人の子供たちがオークランドの市民になる式典

オークランド、カリフォルニア州-7月29日:ミナAlabdalah、6、ブレントウッド、左、と彼女のお母さんSabreen Alabdalah、オークランド、カリフォルニア州の子供のおとぎの国で子供の 2019年7月29日(月)に発売された。 米国市民権移民サービスサンフランシスコフィールドオフィスは、24カ国から16人の子供たちに誓った。 (Jane Tyska/Bay Area News Group)

オークランド—愛国的な歌が演奏され、小さなアメリカの旗が手を振って笑顔がいっぱいになった。米国市民権移民局サンフランシスコ・フィールド・オフィスは、16カ国から24人の子供たちをChildren’s Fairylandで宣誓した。

2歳から13歳までの子供たちは、両親が帰化した後に市民になった。 中国から4人、ビルマから2人、カナダから2人、香港から2人、戦争で荒廃したイエメンから2人、ベトナムから2人、カンボジア、グアテマラ、インド、イラン、イラク、ケニア、メキシコ、フィリピン、韓国、タイからそれぞれ1人ずつの子供がいた。

スピーカーには、スタンドアップコミック、ナレーションアーティスト、インスピレーションスピーカーのマイケル-プリチャード、C.J.ハーシュフィールド、子供のおとぎの国の発信エグゼクティブディレクター、オークランド市長リビー-シャーフが含まれていました。

ゴールデンゲート交響楽団&コーラスのイーストベイ-ウィングの一部であるトスカ-アカペラアンサンブルは、多様な群衆が時間の長い式典の間に歌ったように愛国的な曲を演奏した。 オークランド市のコミュニケーションディレクター、カレン-ボイド、広報官L.オータム-キング、米国市民権移民サービスサンフランシスコ-フィールドオフィスのメンバーも出席した。

オークランド市はパラマウント劇場で毎月帰化式典を開催している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。