Articles

利用可能な水容量

利用可能な水容量は、土壌プロファイルに保存し、作物を栽培するために利用できる水の量です。 また、利用可能な水分含有量(AWC)、プロファイル利用可能な水(PAW)または総利用可能な水(TAW)として知られています。

Frank VeihmeyerとArthur Hendricksonによって提唱されたこの概念は、植物が容易に利用できる水は、圃場容量(λ fc)での土壌水分含量と永久萎凋点(λ ppp)の差であると仮定した。:

şaşfc−ŞPWP

Daniel Hillelは、fcとpwpという用語は明確に定義されておらず、物理的根拠がなく、土壌水がこの範囲内で均等に利用できることはないと批判した。 彼はさらに、有用な概念は、植物、土壌および気象条件の特性を同時に考慮すべきであることを示唆した。

Lorenzo A.Richards氏は、可用性の概念は単純化されすぎていると述べた。 彼はそれを見た:用語可用性は二つの概念を含みます: (a)それが接触している水を吸収し、使用する植物の根の能力と(b)土壌水が植物によって使用されているものを置き換えるために移動する準備や速度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。