Articles

「斜膝窩靭帯」:靭帯か腱かを判断するためのマクロおよびマイクロ分析

要約

はじめに。 本研究では、”斜め膝か靭帯”(OPL)の重要性を調査し、その主張された靭帯の状態に挑戦します。 現在命名されているOPLは遠位半膜骨(SMT)に固有のものであり、したがって、定義上、骨から骨に挿入する靭帯ではない。 臨床的に、筋肉腱の単位は異なっていますそして固有受容および外科に関する靭帯。 メソッド。 文献検索は、OPLの形成に関するテキスト、雑誌、ウェブサイト上で行われました。 70膝の解剖には、マクロ分析、OPL、遠位SMTおよびLCLサンプルの収穫、OPL、遠位SMTおよびLCLへの抗体染色を伴う16膝への免疫組織化学の実行が含まれていた。 結果。 ただし、一部のテキストを除き、OPLはSMTから繊維を受け取っていると主張していた。 70膝のマクロ解剖は、遠位SMT(100%)から形成OPLを明らかにした。 OPL、遠位SMTと16膝からLCLサンプルのマイクロ分析は、選択されたサンプル内の神経組織の発現を示した。 議論。 OPLが腱であると仮定したジャーナルやテキストはありません。 臨床的には、リハビリテーションと外科的技術を最大化する目的のために組織の種類を知ることが重要です。 結論。 本研究は,OPLがマクロおよびマイクロエビデンスの結果として斜め膝かけんと考えられることを示唆している。

1. はじめに

膝の後部の側面は、その臨床的関連性のためにますます研究されている。 外科医、バイオメカニスト、理学療法士、筋骨格系を扱うすべての医療提供者、および解剖学者は、posteromedial膝の構造の決定的かつ正確な理解を持っている必要が 著者らが行った以前の研究では、遠位半膜筋腱ユニット(SMTU)の臨床的重要性、形態、および正確な用語を同定した。 この研究はまた、現在命名されている斜め膝窩靭帯(OPL)はSMTUに固有であり、したがって、定義上、骨から骨に挿入する靭帯ではないことを明らかにした。 これは腱対靭帯の固有受容のために臨床的に重要であり、これは後膝の安定性における遠位半膜腱によるより大きな役割を示唆している可能性がある。

斜め膝窩靭帯に関する文献に関して、ウッドバーンの人体解剖学の本質は、遠位半膜腱の繊維から形成されていると述べている。 遠位半膜腱がOPLに繊維を寄与することをopl状態を考慮または描写する他のすべての解剖学的テキストおよびアトラス。 テキストやジャーナル論文の大部分はOPLに貢献するSMTUを記述していますが、この靭帯はSMTUに固有のものであり、したがって、定義の真の意味での腱であると仮定しているものはありません。

この仮説に対するさらなる証拠を提供するためには、SMTU、OPL、および明確に定義された膝靭帯の組織学的研究が必要であった。 膝の様々な構造について以前の組織学的研究が完了しており、その大部分は主にこれらの深い構造、特に十字靭帯および半月板内に存在する特定のタイプの神経終末に焦点を当てている。 OPLの組織学を特に見たことはなく、神経軸索に特異的な免疫組織化学染色は膝の深い構造では行われていない。 そこで,smt,OPL,膝側側副靭帯(lcl)上の神経軸索に特異的な抗体による免疫組織化学染色を行った。 実施された染色により、著者は、SMTUの組織学および神経成分をOPLおよびlclのような膝の明確に定義された靭帯と比較することができた。 本研究の目的は、OPLのマクロおよびマイクロ分析調査を実施し、その疑惑の靭帯の状態に挑戦することでした。

2. 材料と方法

遠位半膜筋腱ユニットと斜め膝窩靭帯の形態に関する解剖学的および専門的なテキスト、アトラス、雑誌、およびウェブサイトに関する文献検索が行われた。 深い解剖は、SMTUとその最終的な添付ファイルを明らかにするために、43防腐保存された人間の死体(23Mと20F、年齢:55-89、平均:79.6歳)、合計70膝(39Rtと41Lt)に行 除外基準は、切断、膝関節置換、または膝関節への重大な損傷である。 Smtuの最も遠位部分は,疑惑の斜め膝か靭帯が遠位smtuの継続であるかどうか,または骨から骨に付着する構造であるかどうかを分析するために内側から外側に反映された。 OPLの遠位(内側)および近位(外側)の付着物を分析した。 免疫組織化学染色は、以下のプロトコルを使用してSMTU、OPL、およびLCLに対して行われた:ウサギ抗PGP9とヒト腱/靭帯切片のPGP9.5染色。ヒト腱/靭帯切片のウサギ抗NCT(Covance)/ヤギ抗ウサギビオチン化(ベクター)による染色(Acacurect Chemical)/ヤギ抗ウサギビオチン化(ベクター)、神経クラスIII β−チューブリン(NCT)、およ

3. 結果

文献検索では、遠位半膜腱がOPLに繊維を寄与しているOPL状態を考慮または描写する11の解剖学的テキストおよびアトラスが明らかになった。 整形外科または放射線学的専門の記事では、はるかに高い割合が見出された(11の12は、遠位半膜腱がOPLに繊維を寄与すると述べた)(表1参照)。 深い解剖は、疑惑の斜め膝窩靭帯の遠位(内側)アタッチメントは、100%の70膝のSMTUに由来することを明らかにした。 その近位(側方)アタッチメントは、39/70で関節嚢に挿入され、11/70で骨、および20/70膝で関節嚢と骨の両方に挿入された(図1(a)、1(b)、2、3、および4を参照)。 ウサギ抗PGP9を用いた免疫組織化学染色。5/ヤギ抗ウサギビオチン化は、SMTとOPLの両方で神経軸索の陽性染色とLCLの陰性染色を明らかにした。 ウサギ抗NCT/ヤギ抗ウサギビオチン化とヒト腱/靭帯切片の神経クラスIII β-チューブリン(NCT)染色を用いた免疫組織化学染色は、三つの組織タイプ、OPL、SMT、およびLCL(図5(a)、5(b)、5(c)、6(a)、6(b)、6(c)および7を参照)のそれぞれにおける神経軸索の陽性染色を明らかにした。

解剖学的テキストとアトラス 半膜は、斜め膝窩靭帯(OPL)に繊維を寄与する 専門雑誌 半膜は、斜め膝窩靭帯(OPL)に繊維を寄与する)
臨床医学の基礎としての解剖学 X 膝関節の機能解剖学のいくつかの側面
人間の解剖学のアトラス 支持構造および 膝の内側の層 X(OPL)
外科医のための解剖学 X 膝の内側部分の解剖学
BRS総解剖学 X 膝の後部側面の解剖学 X(OPL)
クレメンテ-アナトミー 遠位半膜複合体: 正常なMR解剖学、変異体、生体力学および病理学 X(OPL)
臨床解剖学 X 外側半月板への半膜突起の腱挿入 X(OPL)
システムによる臨床解剖学アトラス X 膝の後内側角: 総解剖学的相関を有するMRイメージング X(OPL)
臨床整形外科リハビリテーション 半膜腱による後内側脛骨高原の剥離:MRイメージングによる診断 X(OPLへの貢献)
カラーアトラスと人体解剖学の教科書 X 膝の後内側角: 内側損傷パターン再訪 X(OPL)
必須臨床解剖学 X ハムストリング筋肉複合体:イメージングレビュー X(OPL/弓形)
人間の解剖学の必需品 X 半膜筋に関するメモ X(OPL)
Grant’S Atlas of Anatomy X 孤立した内側半月板嚢剥離を通して見た半膜腱: 症例報告 X(OPL/winslowの靭帯)
グレイの解剖学40th ed X
学生のための灰色の解剖学
グレイの解剖学アトラス
医学の実践における総解剖学
リッピンコット・ウィリアムズ&ウィルキンス解剖学アトラス
スポーツ傷害の査定およびリハビリテーション
スポーツ医学の外科アトラス X
表1
解剖学的テキストおよびアトラスおよび専門雑誌を介した遠位半膜腱からのOPLへの寄与。

(a)
(a)
(b)
(b))

((a)
(a)(b)
(b)
(a)(b)
(b))

フィギュア1

(a)遠位半膜筋腱ユニット(SMTU)と斜め膝窩靭帯(OP)を明らかにする左後内側膝の深い解剖。 SM:半膜筋。 (b)左SMTUは、疑惑のOPLがSMTUに固有であることを明らかに反映しました。 矢印:SMTUの直接腕;破線の矢印:SMTUの前腕。

フィギュア2

右後膝の深い解剖は、斜め膝窩靭帯(OPL)を明らかにする。 SM:半膜筋。 矢印:SMTUの直接腕;破線の矢印:SMTUの前腕。

フィギュア3

右後内側膝の深い解剖。 遠位半膜筋けんユニット(SMTU)は,斜め膝か靭帯が遠位半膜筋けんに固有であることを明らかにした。 SM:半膜筋、SMTU:遠位半膜筋腱ユニット、OPL:斜め膝窩靭帯、MFC:内側大腿骨顆、ST:半膜筋、Gr:グラシリス筋。

フィギュア4

斜膝窩靭帯形態(OPL)。 結果:近位および遠位付属品。

(a)
(a)
(a))
(b)
(b))
(c)
(c))

((a)
(a)(b)
(b)(c)
(c)
(c)
(c)
(c)
(c))

フィギュア5

神経軸索(矢印)を明らかにPGP9.5染色の光学顕微鏡ビュー(20倍)。 (a)遠位半膜筋腱ユニット(SMTU)。 (b)斜め膝窩靭帯(OPL)。 (c)膝側側副靭帯(LCL)。

(a)
(a)
(a))
(b)
(b))
(c)
(c))

((a)
(a)(b)
(b)(c)
(c)(b)
(b)(c)
(c)
(c))

フィギュア6

神経軸索(矢印)を明らかにするβ-チューブリン染色の光学顕微鏡ビュー(20倍)。 (a)遠位半膜筋腱ユニット(SMTU)。 (b)斜め膝窩靭帯(OPL)。 (c)膝側側副靭帯(LCL)。

フィギュア7

ウサギ抗PGP9.5(正確な化学的)/ヤギ抗ウサギビオチン化(ベクター)および神経クラスIII β-チューブリン(NCT)によるヒト腱/靭帯切片のPGP9.5染色、ウサギ抗NCT(コーヴァンス)/ヤギ抗ウサギビオチン化(ベクター)によるヒト腱/靭帯切片の染色の結果。

4. Discussion

解剖学的文書や地図の60%近く、専門誌の90%以上の記事では、遠位半膜腱が斜め膝窩靭帯に繊維を寄与していると述べているが、この構造自体が腱であると仮定しているものはいない。 後膝の深い解剖を用いたマクロ分析は、OPLの遠位(内側)アタッチメントが膝の100%のSMTUに由来することを明らかにした。 これは著者の仮説を支持する証拠を提供した; しかし,これらの知見を促進するためには微量分析も必要であった。 この研究は、OPLの組織学的微小分析を行った最初のものでした。

膝の深部組織、すなわち十字靭帯、半月板、および内側側副靭帯に様々な染色プロトコルを使用した以前の研究がありました。 この研究の大部分は、これらの組織における神経終末の形態を特異的に標的とする組織学的研究を行った。 これは、膝の深部組織における神経軸索に特異的な抗体を用いた免疫組織化学染色を使用する最初の既知の研究であった。 これはまた、OPL上の任意の染色プロトコールを利用する最初の研究であった。

ウサギ抗PGP9.5/ヤギ抗ウサギbiotinylated免疫組織化学染色を用いた腱特性の微小分析は、SMTUとOPLの両方で神経軸索を明らかにし、両方の構造で同様の組織学的パター LCLはこの染色に対して陽性の結果を示さず,OPLとSMTの両方とは著しく異なる組織学を有していた。 さらに、神経軸索の陽性染色は、腱に特異的な神経組織であるゴルジ腱器官がOPLに位置する可能性があるという根拠を提供する。 これらの事実は、この構造が腱であるという著者の仮説を確認する。

著者らはゴルジ腱器官に特異的な染色を認識していない。 しかし、用語の変化に対する証拠の増加を追求するために、著者らは、ウサギ抗NCT/ヤギ抗ウサギbiotinylatedと神経クラスIII β-チューブリン(NCT)を使用して神経軸索のための異なる、より決定的な免疫組織化学染色を行った。 SMTUとOPLの組織学はlclの組織学と非常に類似しており,大きく異なっていたが,染色はopl,SMTU,LCLの三つの構造すべてにおいて神経組織に陽性の染色を示した。 この結果はPGP9.5染色から得られた結果を無効にするものではないが、これらの構造内の神経組織の免疫組織化学染色が腱と靭帯を区別するための最も実行可能な方法であるかどうかを疑問視することを余儀なくされた。

遠位SMTUのマクロ分析は、OPLがこの腱に固有であることを否定できない証拠を提供します。 この研究で使用される免疫組織化学は、組織サンプル内の神経軸索のための決定的な結果を提供することが証明され、OPL内の神経組織があることを 最終的な免疫組織化学染色の決定的な結果にもかかわらず、斜め膝窩靭帯が全く靭帯ではないというマクロおよびマイクロエビデンスは圧倒的である。 この証拠により、著者らはこの構造の命名法の変更を提案し、それを斜め膝窩腱と命名した。

5. 結論

OPLのマクロ分析により、遠位SMTUに固有のものであることが明らかになった。 PGP9.5と免疫組織化学染色を用いた微小分析は、SMTとOPLの両方内の神経軸索の肯定的な結果を明らかにした。 Β-チューブリンによる免疫組織化学染色を用いたさらなる微小分析により,SMT,OPL,およびLCLにおける神経軸索の陽性染色が明らかになった。 後者の結果は,この特定の免疫組織化学染色を用いて靭帯からけんを分化させることの妥当性を疑問視するが,マクロ分析結果は圧倒的であり,ミクロ分析はOPLとSMTの両方の組織学において顕著な類似性を明らかにした。 著者らは、このマクロおよびマイクロ分析研究により、斜め膝か靭帯は斜め膝か腱(O)と改名されることを強く示唆している。 臨床的に、この研究は、専門用語の精度と医療国際言語を向上させ、成功したリハビリ方法と現在および将来の外科的処置の理論的根拠のより良い理解

謝辞

著者らは、免疫組織化学支援のためにAgnieszka Balcowiec、MD、PhDを承認したいと考えています。 最後に、さらなる医学教育と研究のために寛大に身体を寄付した人たちに心から感謝したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。