Articles

海王星:磁場と磁気圏

1989年8月にボイジャー2号が海王星と遭遇する以前は、惑星は通常の磁場と磁気圏を持っていると考えられていました。 しかし、海王星の固有磁場は天王星の磁場と同じくらい奇妙であり(天王星:磁場と磁気圏を参照)、対称軸は惑星の自転軸に対して49°傾いていた。 自転軸自体は太陽の方向にほぼ直角であったため、極カスプと呼ばれる磁気圏の極軸は、流れと交互にほぼ整列し、流れにほぼ直角になっていた。 ボイジャー宇宙船の通過時には、極カスプは遭遇軌道に対して非常に配向しており、ボイジャーは(どの惑星でも初めて)極カスプを通って磁気圏に入った(Belcher et al., 1989).

惑星と内部

海王星の赤道半径は24 800kmで、天王星の半径よりわずかに小さく、質量は17地球質量(これは天王星の半径よりわずかに大きい。..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。